Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

フィリピン経済のゆくえ

トップ > フィリピン経済コラム > フィリピン経済のゆくえ
画像の説明

002.フィリピン経済のゆくえ(2012.12.11更新)


欧州債務危機からの世界経済減速に伴い、主要国はことごとく景気減速を余儀なくされている昨今ですが、ここフィリピンに関しては逆に良いニュースばかりが発表される今日この頃です。


健全な銀行経営

GDP成長予測は著名エコノミスト達や政府が予測するレンジの上の数字が出たりして、世界銀行、IMFをはじめとする公的機関から格付け会社、機関投資家が年間の成長予測を上方修正しています。現在、上方修正している国は世界を見渡しても数少ない国の一つになっています。

前回主な5つの魅力を書きましたが、そんな中でテクニカル的に注目すべきは銀行が健全ということが挙げられます。

市中金利は過去最低水準にあり、銀行セクターの預金に対する貸し出しの割合が67%でありこれはASEAN主要国の中では最も低く、銀行の健全性は高く、金融危機の可能性はほぼ皆無です。

さらに商業銀行の不良債権比率は2.05%、不動産融資の不良債権比率に関しても4.4%と最低水準なのですが政府中央銀行は不動産バブルが起こらないように総融資に対する不動産融資を20%までと規制していますが、現状は15%とまだ余地があります。

それから銀行セクターの預金準備率は18%で、アジアでは最高の水準となっています。過去20年間の最低水準である12%よりも6%も高いです。
インフレ率が低い状態が続いているならば、今後中央銀行は預金準備率を下げると予想されていて1%でも下がりますと市中に資金が出回り成長を更に加速させることでしょう。


バブル前の日本と似ている!?

それでは昔の日本と比べてどうなのかということを見て行きたいと思います。

まず日本のバブル絶頂期の1989年から30年遡り、1959年と89年の数字を比べて見ますと、

・名目GDPは59年8兆円、89年408兆円で51倍
・実質GDPは59年41兆円、89年は438兆円で10倍強
・大卒初任給は59年15000円、89年150000円で10倍
・人口は59年6000万人、89年は8590万人で43%増
・日経平均株価は59年976円、89年は38957円で40倍
・東京首都圏の商業地区は50倍強に値上がり、食料品などの物価は5倍に値上がり

では現在のフィリピンですが

・名目GDPは224Bドル(18兆円)
・大卒初任給15000ペソ(30000円)
・マニラ首都圏商業地区の土地価格は平米当たりマカティ30万ペソ、フォート・ボニファシオ(グローバルシティ)同20万ペソ、オルティガス同15万ペソへ。

さて、この数字は名目GDPでは日本の1961年と62年の間で
大卒初任給は1967年ごろ、土地の価格(都市圏)は1950年代後半と同等です。

日本は戦後の焼け野原から世界第2位の経済大国になるまで驚異的な成長を成し遂げ、東洋の奇跡と呼ばれましたが、この1960年前後からいわゆる第2期経済成長期が始まり、64年に東京オリンピック、70年に大阪万博などがあり、68年にはGNPで西ドイツを抜いて世界第2位の経済大国になりました。

ご存じの方も多いと思いますがフィリピンは今から38年後の2050年にはGDPが1兆6800億ドルで東南アジア最高、世界16位になるとHSBCは予想しています。

長期の予測ですので金額や為替の状況、順位はどうなるかは分かりませんが
少なくからず今のままのフィリピンではない事だけは確信出来ると思います。

Toshiyuki Ishikawa



Toshiyuki Ishikawa

画像の説明

プロフィール

経済情報分析を専門としフィリピンを拠点にアジアでビジネスをしています。M&Aのアドバイザーやストラクチャード・ファイナンスのアレンジメントを得意とし、これまで投資会社、証券会社なので働き、またヘッジファンドでは国内機関投資家に企画提案などを行いました。
経済分析の傍ら自身でもフィリピン株投資を行っており、
アメブロでは「Mr.Stock」の名前でブログをやっています。

■Mr.STOCKのブログ
http://ameblo.jp/philippines8888/


K.ISHIKAWAさんへファンレターを出そう!

今回のコラムはいかがでしたでしょうか?一言で構いませんのでぜひ、感想をお寄せください。執筆の励みになりますので(^^)。

お名前(姓|名)*
メールアドレス*
お住まいの地域
内容*

a:2100 t:2 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional